活動報告

にれ工房

(にれこうぼう)

http://nirekoubou.sub.jp

関心のあるゴール

ゴール04 04 質の高い教育をみんなに
ゴール11 11 住み続けられるまちづくりを
ゴール12 12 つくる責任 つかう責任

 

事業内容

にれ工房

仕事として、色々な物作りをしている。
子供達に、その楽しさを伝えたく木工教室を始めた。
危ない刃物も、正しい使い方を身につければ、安全に扱える。
道具をうまく使いこなし、物作りが楽しくなることを体験すると、その力(技術や知識)は物作りだけでなく、いつも役に立っていくのだと伝えたいと思っている。

SDGsへの取組内容

知識と同じぐらい体験も子供には必要なものと考え、工夫する・考える力を養える、完成形を示さない木工教室も始めた。
また、古材を使ったり、製作過程で出てしまう端材を有効に使い、資源を大切にする木工教室という方向性も加わった。

つくばSDGsパートナーズへ期待すること

物づくりを体験することにより、物を大切にすることや、ゴミとなってしまう物の有効活用を考えるきっかけが生まれる。そして、それらを実行する手段を身につけることができる。
単に技術を学び物を作るということだけでなく、工夫する事・新しい事を考える力を身につけられる木工教室を開催してきた。
SDGsの一つ一つはとても大きな目標なので、もっと身近な体験からそれを理解し行動していく、一つの場としての木工教室をもっとたくさん開催していきたい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはつくば市役所 政策イノベーション部 持続可能都市戦略室です。

〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1

電話番号:029-883-1111 ファックス番号:029-828-4708

メールでのお問い合わせはこちら