1. ホーム>
  2. 活動紹介>
  3. 団体会員一覧>
  4. 大鵬薬品工業株式会社

活動紹介

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品
(たいほうやくひんこうぎょうかぶしきがいしゃ)

https://www.taiho.co.jp/

関心のあるゴール

ゴール3

3    すべての人に健康と福祉を

ゴール8アイコン

8 働きがいも経済成長も

ゴール13 13 気候変動に具体的な対策を

SDGsへの取組内容

<CSRミッション> 
大鵬薬品は、大塚グループの一員としてCSRを事業と一体化したものと認識し、企業理念のもと、自らの持続的な成長と、満ち足りた笑顔にあふれ、健康でサステナブルな社会の実現を目指します。そのために必要となる最適なガバナンス体制を築き、社会と地球の健康に貢献する各活動目標の達成に向けて取り組みます。

大鵬薬品図1

大鵬薬品HP:CSR紹介のページ  https://www.taiho.co.jp/csr/

  • 2020年9月には、つくばエリアの研究所において、環境価値を活用した、実質的にCO2フリーとなる電力を導入しました。

2020年9月1日プレスリリース『大鵬薬品 つくばの創薬拠点で実質CO2フリー電力を採用 同拠点において年間CO2排出量の約13%を削減』https://www.taiho.co.jp/release/files/pdf/20200901.pdf

  • 2019年10月には、つくばエリアの社員食堂でTFTプログラムへの参加を開始しました。TFT対象メニューを社員が購入すると、1食につき社員から10円、会社が同額を寄付するマッチングギフトで10円、合計20円が寄付され、認定NPO法人TABLE FOR TWOを通じて、発展途上国の子どもたちへ学校給食が提供されます。

※「TABLE FOR TWO(TFT)」(「二人の食卓」)は、開発途上国が抱える飢餓や栄養失調と、先進国が抱える肥満の同時解決に向けて、時間と空間を越えて食事を分かち合うというコンセプトの社会貢献プログラムです。

大鵬薬品図2

(現在、新型コロナウィルスの影響で社員食堂の利用を見合わせています。2020年9月現在)

  • 2020年10月には、がん領域を主要事業領域とする生命関連企業としての責任と自覚を持ち、全社員とそのご家族、周りの人びとの健康を守るため2023年までに社員の喫煙率ゼロの達成を目標に新たな取り組みを実施することを発表しました。
    2020年10月16日プレスリリース『2023年までに社員の喫煙率ゼロへ禁煙外来費用補助などで社員の"卒煙"を支援』https://www.taiho.co.jp/release/2020/20201016.html
  • 2020年12月には、「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」主催の「がんアライアワード 2020」において「ゴールド」を受賞しました。2019年に引き続き2年連続の「ゴールド」受賞となります。
    2020年12月2日プレスリリース『がんアライアワード 2020「ゴールド」受賞 https://www.taiho.co.jp/release/2020/20201203.html

2020年夏時点でのSDGs活動とコロナウイルスへの対応紹介

025_大鵬薬品工業株式会社

025_取組事例_大鵬薬品工業株式会社 [PDF形式/2.11MB]

つくばSDGsパートナーズに期待すること

会員のみなさまとSDGsやCSRの情報交換を出来ることを楽しみにしております。今後もさまざまな活動を通じて、皆さまと一緒に持続可能な社会の実現を目指します。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはつくば市役所 政策イノベーション部 持続可能都市戦略室です。

〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1

電話番号:029-883-1111 ファックス番号:029-828-4708

メールでのお問い合わせはこちら