1. ホーム>
  2. 活動紹介>
  3. 団体会員一覧>
  4. 国立大学法人筑波大学 アスレチックデパートメント

活動紹介

国立大学法人筑波大学 アスレチックデパートメント

アスレチックデパートメント
(こくりつだいがくほうじんつくばだいがく あすれちっくでぱーとめんと)

 https://www.tsukubaowls.com/

関心のあるゴール

ゴール3

3 すべての人に健康と福祉を

ゴール4

4 質の高い教育をみんなに

ゴール17アイコン

17 パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsへの取組内容

  • 「つくばこどもの青い羽根学習会」(子どもの学習支援・生活支援事業)に参加する子どもたちを対象に、トップレベルの学生アスリートによる特別なスポーツ教室を開催した。
    つくば市SDGs「owlsスポーツ教室」開催
  • 学生アスリートに対し「ストレスチェック」を実施。ストレスの高い学生への「オンラインカウンセリング」など学校教育機関としてスポーツへの取り組みに対して質の高いサポートを進めている。
  • 安全と安心を確保した部活動のために、医師等の専門家と共に、「段階的部活動再開のためのガイドライン」を整備。活動に参加するための条件や、活動中のルール、さらに感染が疑われる学生アスリートへの対応までを示している。
  • 関彰商事株式会社と“スポーツと健康に特化したパートナーシップ”を締結。法人向けのサービス開発やスポーツプロジェクトの立ち上げなどを行うことを予定している。
  • コロナ禍で運動習慣が極端に減少している学生に向けた「オンラインのトレーニングプログラム」をYouTubeにて配信。
  • コロナ禍における学生支援のための寄附イベントとして「学生参加型のeSportsチャリティー大会」をオンラインで開催。参加する学生の心拍やアンケートなどから「eSportsの教育面的価値」についての研究も行った。
  • 大学が持つスポーツの資産を活かし、次世代を担う小・中学生向けの社会体育の普及と実践の促進を目的に、「自宅学習向け体育ムービー」を配信。最新スポーツ科学をわかりやすく学ぶことができる内容になっている。

2020年夏時点でのSDGs活動とコロナウイルスへの対応紹介

50筑波大学AD

50_【筑波大学AD】SDGs活動とコロナウイルスへの対応紹介 [PDF形式/13.18MB]

つくばSDGsパートナーズへ期待すること

筑波大学アスレチックデパートメントは、“学校スポーツ”を通して地域を活性化し、豊かな社会の実現を目指しています。SDGsパートナーズの皆様とのコラボレーションにより、新たなイノベーションを起こし、素晴らしい未来を共創できることを楽しみにしています。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはつくば市役所 政策イノベーション部 持続可能都市戦略室です。

〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1

電話番号:029-883-1111 ファックス番号:029-828-4708

メールでのお問い合わせはこちら